→ 学内ネットワークからのみ閲覧可

Home > 学術情報基盤システムについて

学術情報基盤システムについて

統合認証システム

systemaccount

千葉大学のさまざまなシステムの認証に利用するアカウントを発行しています。

無線LAN

sr

学内各所で利用できる無線LANの管理・運用をしています。

メールシステム

maillogin

本学に所属する方々のためのメールシステムを提供しています。
Webメールは、学内ネットワークに繋いだ端末であればどこでも利用できます。
注:学外ネットワークからのWebメール利用は事前のOTP設定が必要です。
また、メールの送受信はWebメールでの利用の他、設定をすればPCやスマートフォンのメールソフト(メー ルアプリ、MUA)でも使えます。(制約あり)
OTPについて
千葉大学メールシステム

教育用端末システム

sr

教育用端末システムは授業や演習で利用するほか、自習などでも利用できます。
利用できるOSはWindows10, Linux(CentOS7)です。

設置場所は総合校舎1号館3階~5階、統合情報センター、附属図書館、附属図書館亥鼻分館、松戸地区D棟2階などです。

高速演算サーバ(SR24000)

tanmatsu

高速演算サーバは自然現象のシュミレート、生物・科学構造物の解析など、膨大な計算処理を必要とする研究を支える目的で設置されています。

宇宙・地球上の物理現象など、人為的に再現できないものや、人体への影響、化学反応のように実験では危険を伴うような場合の検証・解析などに利用されます。

大判プリンタ(SC-T5200)

oobanprint

統合情報センター2階の利用者端末室に最大でA0サイズをカラーで印刷できる大判プリンタを設置しています。
利用するための事前申し込みは必要ありません。研究成果の発表などにご利用ください。

--------------------------------------- 以下リンク先は学内ネットワークでご覧ください。 -----------------------------------------

学術情報基盤システム更新情報

現在のシステムは2017年2月に機器更新を行っています。
新学術情報基盤システム概要(2017→2018変更点等)

PAGE TOP